中山耳鼻咽喉科医院
診療内容
みみ
○難聴 ○耳鳴り ○めまい ○耳あか ○中耳炎(耳痛・耳だれ) 
○滲出性中耳炎 ○外耳炎・外耳湿疹・耳のかゆみ ○補聴器相談 ○その他

はな
○アレルギー性鼻炎 ○副鼻腔炎(ちくのう症) ○鼻出血 ○鼻づまり
○においの異常 ○いびき相談 ○その他

のど
○かぜ ○扁桃炎 ○咽喉頭炎(喉の痛み・声のかすれ) ○声帯ポリープ
○咽喉頭がん検診 ○その他

くち
○口内炎 ○舌炎 ○臭いと味の異常 ○その他

かお
○顔面神経痛(リハビリ指導) ○顔の腫れ ○その他

くび
○顎下腺疾患 ○耳下腺疾患 ○甲状腺疾患 ○リンパ節の腫れ ○その他


治療方針
○副鼻腔炎、滲出性中耳炎を合併している幼少児は、中々治りにくいが
長期的展望にたった一貫した治療が必要です。
レントゲンによる適切な診断、通気治療、内服治療、鼓膜切開、鼓膜チューブなど。

○お年寄りの難聴は、正確な聴力や聞き取り検査で把握した上で、適切な補聴器の装用指導などが重要です。自分にあった補聴器でないと、雑音がうるさくて使えません。

○花粉症は、症状がひどくなってから治療してもなかなか良くなりません。シーズンの少し前から抗アレルギー薬内服と局所治療をすると症状が軽くて済みます。また原因を見つけて体質改善の注射もしています。
なお症例によっては手術が有効です

○各種手術、特に呼吸機能を良くする日帰り鼻内整形手術を多く経験しています。